最新の健康保険法について

健康保険法の概要について

banner 健康保険法とは働いている人やその被扶養者の健康保険制度について定められている日本の法律と言うことになります。
2002年にその法律が改正されたことによって高齢者医療制度改革と医療保険制度改革が行われました。
その結果医療費の本人負担が2割から3割へと引き上げられるようになりました。
この法律は古くからあり、健康保険には中小企業を対象とする政府管掌保険と、700人以上の事業所において事業主が厚生労働省の認可などを受けて設立する健康保険組合管掌保険があります。
ここで定められた業種の中で、常に5人以上の従業員を使用する事業所の被用者に関しては、強制被保険者として法律上加入が義務づけられています。
このようなことが健康保険法では定められています。

Google App Engineの魅力に迫る!

健康保険法の関連情報はこちら

健康保険法は大正時代に制定された法律で、日本の医療を支えている極めて重要な法律です。
この法律

健康保険法の内容について

健康保険法というものがあります。
健康保険は病気やケガをしたとき、また出産や死亡をしたときなど

健康保険法の概要について

健康保険とは、民間企業等に働く被用者とその家族が加入する公的な医療保険で、健康保険法という法律に根拠

健康保険組合について